インフォメーション






先輩社員の声



  • Q1:現在の仕事は?
  • A:現在の仕事は、土木工事の現場監督業務になります。国や地方自治体の発注する公共工事の道路建設や維持修繕工事が主体となります。業務内容は準備段階の設計図書と現地整合照査から、安全・施工・品質・工程管理、またそれに伴う書類作成といった、工事着手から完成までの全般にわたっています。

  • Q2:仕事のやりがいは?
  • A:監督業務は現場管理から書類整理と多忙ですが、現場進捗により完成に向かって姿が変わっていく事に充実感が得られるところです。現場は職人さんが居なければ仕上りませんが、様々な職人さんの協力の元で、同じ目的に向かって仕事出来る事も面白いところです。構造物は完成後も長年にわたり残る為、会社代表として責任ある施工をしていきたいです。



  • Q3:河津建設に決めた理由は?
  • A:地元高校を卒業後上京して土木を学んでのUターン就職になりますが、都会よりも海と山がある自然があふれる伊豆のほうが好きだった為、地元に関連した所で働きたかったからです。公共工事等を通じて地域と密接した仕事を行っていた河津建設に就職しました。

  • Q4:あなたから見た河津建設は?
  • A:昔から地域に密着した企業。創設百余年である現在、近年に見る維持修繕等の工事においても、過去の諸先輩方の施工した構造物が、現役の補修対象物として残っている歴史ある会社です。



  • Q5:休日の過ごし方もしくはストレス解消方法は?
  • A:海が近いことから休日は海でアウトドア的な事が多かったのですが、今年からは山のゴルフ場に足を向ける事もあります。仕事でも遊びでも汗をかいた後の酒はおいしい。

  • Q6:将来の夢や目標は?
  • A:あらゆる現場において、良いものを安全に工期内につくりあげられる土木技術者になりたい。そして、担当する工事で出来るだけ、多くの優良工事表彰を獲得したい。プライベートとしては、伊豆の美しい自然の中で、自給自足に近いゆったりした老後を過ごしたい。



  • Q7:学生へのメッセージを一言!
  • A:土木工事業は人々の生活を支える基盤です。やりがいは十分にある職業であると思います。仕事への合う・合わないはやってみなければわからない。どの職種でも興味をもったら、まずは一度位やってみたらどうですか。




  •