河津建設株式会社

HOME会社案内実績紹介特殊工法 採用情報


RC床版下面増厚補強工法

PSR工法は、補強用の鉄筋をRC床版の下面に取り付けた後、マグネラインで既設の 床版と完全に一体化させる工法です。弾性的でフレキシブルな構造体の形成により、 曲げおよびせん断に対する補強効果が同時に得られ、また、マグネラインの防蝕効果に より耐久性も向上します。

PSR工法の特徴

① 床版下面からの施工のため、交通開放したまま、施工できます。
② 現床版を補強する工法なので、産業廃棄物を出しません。
③ 天候の影響を受けずに施工できます。
④ 工事中の騒音や振動が無いため周辺に迷惑をかけません。
⑤ 補強後は目視点検ができます。
⑥ 補強と同時に防錆・防蝕効果があります。
⑦ 橋面上部より雨水が浸入しても水を滞留させません。
⑧ 補強に必要な耐力(不足鉄筋量)はRC理論により求めることができます。





当社は「静岡県PSR工法研究会」の会員です。

「マグネライン」の前田工繊(株)さんのHP

 

 

Copyright (C) 河津建設株式会社 All Rights Reserved.