河津建設株式会社

HOME会社案内実績紹介特殊工法採用情報


自然を甦らせる緑化技術です。
  山を切り開きながら、さらに伸びていく宅地や道路——。
新たな開発が私たちの生活圏を拡げる一方、切り開かれた
山肌はいわば大地の傷口。
むき出しになった法面に緑を甦らせ、自然を再生させるこ
とは私達の使命でしょう。
  
団粒構造で“表土”を再生
自然界において森林を形成している基盤“表土”は、永い永い年月を
経て堆積したものです。開発によって裸になった法面に、TG工法で
は、1年目からの樹林化を支える厚い層の“表土”を、埴壌土の高次
団粒構造の形成によって、自然に近い形で瞬時に再生します。  

砂の水ハケと、粘土の保水力を
あわせ持つ究極の土“高次団粒土”。

農業技術の世界で理想とされてきた“高次団粒土”が、SF緑化システムの登場により土木 技術の面からも注目を集めています。土には大きく分けて単粒、団粒の2種類の構造があり、 単粒土の代表は粘土と砂。粒子の細かい粘土は間隙が小さいため水ハケが悪く、逆に砂は 間隙が小さいため水ハケが悪く、逆に砂は間隙が大きいのですぐに乾燥し、ともに植物の生育 には適しません。しかし粘土や砂と有機物が融合した団粒土、とくに高次団粒土は、大小の 間隙をあわせ持っています。小さな間隙で水分/養分を保持しながら、大きな間隙で水ハケを 良くし通気性を確保。液体である水分/養分と、気体である酸素/窒素を、植物の根や土壌 微生物に同時に供給できる訳です。また高次団粒土は、土粒子が自然乾燥する際に起こる 表面接着と、土粒子(−電荷)と動植物の腐植に含まれる線状有機高分子(+電荷)のイオン 結合という2つの力で結び付いているため、土壌が崩れにくいのも特徴。自然の表土と同じ 高次団粒土を再生することが、これからの緑化の基本になります。  



工事例




緑化に関するご相談はお気軽に。
郷土の自然を知りつくした、緑のスペシャリストが承ります。

当社は「静岡県SF緑化工法協会」の会員登録しています。

全国SF緑化工法協会のホームページ

 

 

 

Copyright (C) 河津建設株式会社 All Rights Reserved.